昭和の頃の歌の練習でモテモテになった私流パパ活業

昭和の頃の歌の練習でモテモテになった私流パパ活業

MENU

セフレになった団地シンママの身も心も俺のものに

私は28歳で最近転職したばかりで、東京に引っ越してきました。東京での一人暮らしは最初、寂しくて出合い系サイトを使ってしまいました。

 

昭和の頃の歌の練習でモテモテになった私流パパ活業

 

出合い系サイトは東京に来る前は使ったことがなかったですが、東京で出会った女性とのセックス体験談を書き残そうと思います。

 

利用した出会い系サイトは「直アド天国」というサイトです。私が探していた女性は歳上で35歳ぐらいの女性を探していました。歳上のお姉さんに癒してもらいたいという気持ちがあったのかもしれません。

 

検索エリアは東京都で探していました。東京は登録している人数も多くて、比較的探しやすかったです。出会い系サイトはサクラがいるので気をつけながら探していました。

 

探し続けていき何人かの女性をピックアップできて、会えるかどうか交渉してみました。私は出来るだけ自分のプロフィール写真を相手の女性たちに送って、女性に安心感を与えていました。すると会っても大丈夫という女性が2人見つかりました。

 

出会い系サイトは、自分のプロフィールの画像などが重要だと分かりました。出来るだけ顔や雰囲気を分かりやすい物にした方が会ってくれる確率は上がると思います。

 

2人とも東京に住んでいる女性で年齢は2人とも30代半ばでした。2人のニックネームは佳恵とナナとなっていました。ここでは佳恵さんとのセックス体験談を書きたいと思います。

 

佳恵さんは最初は少し私に警戒していましたが、プロフィール写真をいくつか送り私の身なりや雰囲気を知ってもらいました。そうしていくうちに佳恵さんは少しずつ警戒心が無くなっていきました。

 

最初にメールを送信してから1ヶ月ぐらいかかりましたが、会う約束を取れました。場所は恵比寿駅のスターバックスで待ち合わせることになりました。会った時期は8月の末ぐらいだったと思います。

 

夜の8時に待ち合わせして私は少し早く恵比寿駅に行きました。佳恵さんはまだ来ていなくて、15分ぐらいすると佳恵さんがやって来ました。

 

プロフィール写真は分からなかったですが、すぐに佳恵さんだと分かりました。佳恵さんは見た目は普通のOLさんのようで、綺麗なお姉さんでした。

 

佳恵さんの服装は上が白のブランド物のTシャツで下はゆったりとした黒のスカートでした。アクセサリーがとても似合っていてお洒落な女性でした。体型はスリムで胸はあまりないように見えました。

 

私たちは軽く挨拶をして、早速ホテルに行きました。私は料金が少し高めのラブホテルを選びました。少しそのような所でセックスがしたかったと言う思いがありました。

 

ホテルに着くと佳恵さんは椅子に座って私がシャワーから出るのを待っていました。私がシャワーから出ると、佳恵さんがシャワーに入って行きました。佳恵さんは背筋が伸びていて育ちの良さなどが感じられました。

 

佳恵さんがシャーから出てくるととても良い匂いがして、私は興奮を隠せずにドキドキしていました。佳恵さんはバスローブを着ていたので、まだ裸を見ていません。私は焦る気持ちを抑えてベットの淵に座る佳恵さんのところに近づきキスを軽くしました。

 

佳恵さんは目をつむってキスをされています。私は佳恵さんのバスローブを取りました。すると佳恵さんのおっぱいが見えました。佳恵さんのおっぱいはとても小ぶりでしたが、乳首の色はピンク色で綺麗なおっぱいをしていました

 

私もバスローブを取って全裸になって佳恵さんのおっぱいをしゃぶりました。佳恵さんは少し声が漏れて、感じていました。

 

佳恵さんの脚などはとてもすらっととしていてスカートを履いている時は分からなかったですが、脚がとても綺麗な女性でした。

 

昭和の頃の歌の練習でモテモテになった私流パパ活業

 

そして佳恵さんをベットに寝かせて、彼女の身体を愛撫しました。佳恵さんの顔がだんだん紅潮していきました。

 

喘ぎ声もだんだん乱れていき、とても感じやすい人でした。私は顔を佳恵さんの股間に持っていきマンコを優しく舐めました。

 

佳恵さんは大きな声を上げてから私を見て「もっと舐めて」と言いながら感じていました。私はさらに激しくマンコを舐めて、佳恵さんが感じるのを確認していました。

 

佳恵さんは私のチンコを手でさすりながらフェラをしてくれました。佳恵さんのフェラはテクニックがあり、舌の使い方が今までのフェラとは違いました

 

私は佳恵さんを下にして合体しました。佳恵さんのマンコがとても気持ちよくて、すぐにイッてしまいそうでした。佳恵さんの喘ぎ声はさらに大きくなっていきます。佳恵さんは脚をピンッとして突っ張った感じて感じていました。

 

私はさらに腰を動かして佳恵さんとのマンコにズボズボとチンコを出し入れしてれしました。佳恵さんは声にならないような喘ぎ声をしていました。

 

私は少し疲れてしまって今度は私が下になり佳恵さんと騎乗位でしました。佳恵さんの顔がとても美人に見えました。セックスしている時の女性の、独特の美しさが佳恵さんにはありました。

 

35歳にはとても見えないとその時は思いながらセックスしていました。佳恵さんは自分で腰を上下に動かして私のチンコをおもちゃのようにしていました。

 

そのような激しいセックスを、1時間ぐらいしていました。最後は佳恵さんとの顔に顔射して終わり佳恵さんは私のザーメンを手でとって、舐め回して満足していました。私は少し疲れてベットに横たわりました。

 

佳恵さんも激しいセックスだったので、立ち上がることが今すぐは出来ないでいました。少し時間を置いてからシャワーを浴びにいきました。

 

佳恵さんとお風呂に入っている時は世間話をしていました。出会い系サイトであったエピソードなども話してくれました。直アド天国は出会い系サイトのなかでは、まあまあ良い方だそうです。

 

男性も変な人は今までいなかったそうです。そんなような事を話していと、時間を忘れそうなぐらい楽しかったです。佳恵さんは彼氏がいないらしく、私は佳恵さんとお付き合いが出来たらいいなとお風呂に入りながら一人で妄想していました

 

お風呂から出て少し休んでからホテルを後にしました。外はまだ蒸し暑かったの覚えています。夜の12時になっていましたが少しお腹が空いたのでファミレスに入りました。ファミレスはお客さんもまだ何人かいました。

 

佳恵さんは軽めのサラダを食べていました。私はパスタを注文しました。佳恵さんにまた会ってくれるように頼むと全大丈夫、と言ってくれました。

 

そして、ファミレスを出て恵比寿駅に行きそこで別れて家に帰りました。佳恵さんはとてもいい笑顔で、最後は手を振ってくれていました。

 

それから佳恵さんとは月に1回か2回ぐらいのペースで合っています

 

他にも別の女性ですが、ナナさんという女性ともセックスフレンドになっています。

 

ナナさんはとても物静かな女性ですが、佳恵さんよりもエロくて、最初にホテルに行った時はとても驚きました。

 

手短に話しますが、ホテルに着いたとたん私のズボンのチャックを開けてチンコをしゃぶり始めて自分で服を脱いでオナニーをし始めたのです。

 

衝撃的な女性でした。普段のナナさんは物静かで良い人なんですが、ホテルに行くと人が変わってしまう女性です。ナナさんの詳しいエピソードはまた別の機会で書きたいと思います。

 

東京で、とても寂しくて不安でしたが、2人の女性と出会ってとても心強く感じています。少し仕事の相談なども乗ってくれる女性なので感謝しています。直アド天国で出会った女性とのセックス体験談を少し紹介しました。

 

「直アド天国」なら複数の女性と付き合える?

 

昭和の頃の歌の練習でモテモテになった私流パパ活業

 

直アド天国で婚活、恋活!

↓↓↓↓↓