ゴルフが得意な私はゴルフ接待時に呼ばれる都合の良い女

ゴルフが得意な私はゴルフ接待時に呼ばれる都合の良い女

MENU

かわいそうなシンママをセフレにしたら親子の父親になってた

「京都府 33歳 会社員 男性 S.N」

 

「まだ早いか。」

 

店内には人はまだいないようだ。

 

ゴルフが得意な私はゴルフ接待時に呼ばれる都合の良い女

 

それもそのはずである。まだ開店してから30分しか立っていない。自分では意識していないものの、やはり緊張しているようだ。

 

「コーヒーをひとつ。」とりあえず席に座り、コーヒーを飲みながら気持ちを落ち着かせる。

 

なにせ今日は出会い系サイト「ラブカフェ」でアポをした女の子と京都まで相席カフェでお食事デートだ。

 

初めてというわけではないがどんな相手と出会えるのか楽しみにしている一方でうまくいくか、なんか心配だ。

 

合コンには何度か行ったが、やはり何か違う。

 

ラブカフェでは、かなりいい雰囲気だったので、今日は本当に楽しみだ。今日はお食事だけ済ませて帰ろうなんて全く考えていない。

 

今日は見つけた良い女性とあんなことこんなこと…。

 

考えるとにやけが止まらない。はたから見れば30を超えた中年の男はどのように見えるだろうか、そんなことは気にしない。

 

「何を考えているんですか?」

 

急な問いかけにとっさに振り向く。ある女性がこちらを見て微笑んでいる。年齢は同じくらいで身長は160前後だろうか。顔は芸能人でいったら、有村架純のような、少し柔らかいイメージの可愛い系。

 

自分のドンピシャのタイプというわけではないが、悪くもない。そんな柔らかめな雰囲気の女の子が自分の方に近づいてきた

 

「いらっしゃるの早いですね、女性でもお持ち帰りしに来たんですか?」

 

急になんてことを聞いてくるんだ。いや待てよ、ペースに乗せられてはいけない。

 

アポは取ったはずなのに、はぐらかしているに違いない。そしたらこれは…。

 

素敵女性を見つけたらいずれはそうなるかもしれないですね。」と合わせてみる。

 

女性はうっすら微笑み、何も言わずに向かいの席へ座る。

 

これはもしかしたら、もしかするかもしれない。急に緊張感が込み上げてきた。

 

大丈夫だ、私は今日ちゃんとしたプランを立ててきた、女性と会った際のベストなプランを。

 

食欲の強い肉好きな女は性欲も高め

 

「お腹はもうすいていますか?」

 

「はい、もう空いちゃって空いちゃって。」

 

彼女はここの雰囲気にすごく慣れているようだ。普段から来ているんだろうか…。

 

「お肉でも食べませんか?」

 

食欲の強い肉好きな女は性欲も強いということを聞いたことがある。こうやってカマをかけることで相手の性欲度がわかるということだ。

 

「お肉は大好きですよ。」

 

ビンゴだ。それではお肉をと…

 

「コーヒー飲んでたのに肉を急に食べようなんて、何か別のこと考えてないですかぁ?」

 

と笑いながら問いかけてくる。確かに…。こちらの考えを読み取られそうだ。これではまるで私が完全にヤリに来ましたと考えてるみたいではないか。あながち間違いではないが。

 

「あなたが好きそうかなと思って提案してみたんですよ。あ、そういえば名前は何というんですか?」

 

とそれとなく返事をし、ごまかしてみる。そしてそれを片手間に店員に事前に考えておいた

 

お肉を注文する。

 

「ラブカフェでは違うハンネですが、本名は恵子と言います。ショータさんのお名前は?」

 

「恵子さんですか、私の本名はSと言います。サイトでは、結構話がはずみましたよね?」

 

「そうですね、なんか高校のときのなかの良かった男子の友達を思い出しました。それで合ってみたいなって思ったんです」

 

なるほど、それなら話は早いかも。今日は本当にいけそうだな…と思い始めてきた。

 

ある程度、お互いのことを聞いたところで丁度いい時間帯にお肉が出来上がる

 

良いお肉を食べさせるとH確率が高い

 

「わぁ、これすごいお高いんじゃないですか?」

 

「いいんですよ、今日はこうやって話していただいているお礼に代金は私がもつんで。」

 

お肉は良い肉を食べさせてあげるほどHの確立が高くなると聞いたことがある。

 

実際に本当かどうかはわからないがすごく嬉しそうな表情をしているので悪い方向には向かっていないようだ。

 

「Sさんはなんか、とても頼りになりそうな方ですね。」

 

そういいながらよく出来上がったお肉を頬張る。

 

「ところで恵子さん、今日は暇だと言ってましたよね、夜まで大丈夫ですか?」

 

「他に予定は入れてないですよ…」

 

OKの返事をもらったということで次の段階へ入っていく。

 

デートコースで悟らせるのが効果的

 

「近くにお勧めのBARがあって、良かった行きませんか?」

 

「へぇ、いきつけなんですか?どこにあるんですか?」

 

「〇〇街のとこにあるんですよ。」

 

彼女の方がピクっと動く。彼女も悟ったようだ。その〇〇街とは夜の街としても人気が高く、

 

ホテルなどがたくさん立ちならんでいるのだ。

 

「別に、いいですよ…。」

 

その言葉からは色々な察しがついたように思われた。BARに行ったその後の展開も彼女の頭の中には読み取れたようだ。成功である。

 

うまくいくいつもの手を紹介

 

ゴルフが得意な私はゴルフ接待時に呼ばれる都合の良い女

 

ここで私の、いつもうまくいく手を紹介しよう。それは敢えて最後まで直接的な表現は使わないことだ…。そうすることでより自然にことを進めることができる。

 

空気でそれとなく夜の営みをする雰囲気にもっていけたら最高である。

 

なのでまずは、

 

「まだ時間が早いのでゆっくりしてからBARへ行きましょう。」

 

と余裕を見せ、徐々にムードを作っていく。

 

デートコース終盤にラブホエリアを入れてOKならイケる

 

BARについてからも、ゆっくりとした時間が流れる。

 

彼女も話しながらお酒を口の中へ含んでいく。お酒が強いというわけではなさそうだ。

 

今はほろ酔いといったあたりか。あまり酔い過ぎても困るのでそろそろか、というとこで

 

「この後は…」

 

と問いかけてみる。

 

すると恵子は笑いながら、

 

「…行きましょうよ。」

 

相手ももうその気持ちであったようなので、ここで仕掛ける。

 

「ホテルに行きますか…?」

 

すると彼女は、

 

「だから行きましょうって~。」

 

トーク力と大人の余裕を見せるとイケる率高し

 

相手をその気にさせたらもうあとは簡単である。一緒にホテルに行けばそこで成功なのだが、ここは敢えてすぐに行こうとはしない。

 

「行きますから、まだ夜も長いのでお酒の酔いが治まったらいきましょう。」

 

と大人の余裕を見せる。そういった頼りになる男を女は望むのだ。

 

それから30分程経っただろうか、彼女も大分酔いが治まったようなので、

 

「では、いきますか。」

 

と、紳士的に話かける。

 

彼女は笑顔で、ただ何も言わず、頷くだけだ。そして二人でBARを後にする。

 

そしてホテルについて、ホテルに着く。ここまでの私の計画は完璧だ、ことが上手く

 

ここまで運んだ、そのように思われた…。

 

今までの彼女が何か、今までとは違う感じがした。そして彼女は私をベッドに押し倒し、

 

「私、待ちくたびれました。」

 

と話す。積極的に話す彼女の豹変ぶりに驚きを隠しきれなかった

 

そして彼女は私のシャツを脱がしていき、首から下へ舐めますようにして舌を操る。

 

ゾッとした感覚が私の中で響く。そこからアソコへ手を伸ばし、パンツまで脱がしていく。

 

それまでの一連の流れがすごく慣れているようで、完全にペースを持っていかれているようだった

 

そこから彼女は自分で服を脱ぎ、それから背中へ腕を回し、ブラを外す。彼女の全裸がまる見えになったところで、私も彼女に負けまいと、彼女の胸、穴にも手と舌を使って彼女を刺激する。部屋の中で彼女の喘ぎ声が大きく響き渡る。

 

余裕のなくなってしまった私は待ちきれず、早くも挿入し、必死に腰を揺らした。

 

彼女の声や表情が私の感情を刺激し、私の方が先にイってしまう。

 

そして一息ついたところで恵子は私にこう語る。

 

「私、あの相席カフェよく行くんですけど、待ち合わせに指定してくれて、実は嬉しかったんです。私はお肉が大好きなので、ラッキーっておもっちゃいました」

 

笑いながら問いかけるその顔は小悪魔感を隠しきれていない。どうやらお酒にもよっぱらってたのではなかったみたいだ。完全に乗せられていたのか。

 

彼女の演技力には自分の甘さにも気づかされた。

 

そんなことを思いながら、彼女にリードされるがまま、私たちは2回戦へと続く…

 

「ラブカフェ」で複数のセフレも夢じゃない?

 

ゴルフが得意な私はゴルフ接待時に呼ばれる都合の良い女

 

ラブカフェで婚活、恋活!

↓↓↓↓↓